少なくとも家庭での食生活は、それを補うような、安心して口にできるようなものに切り換えていかなけばならない、ということなのです。