自分自身を変えなければ、いつものおいしい味を作りだすことはできないのだ。