そこで自分自身への問いかけなのです。二つの側面からの自分自身に尋ねていくことが大切です。