ひとり歩きの伝踵とは、自分の思いや願いの足跡を伝えていくことです。そのプロセスを「ひとり歩き」と呼んでいるのです。