ですから食べ物として摂り入れるエネルギーにも、強烈な好みがあります。