自分自身の命に関わる、からだの命に関わる問題になることさえあるのですから。