広いスーパーマーケットの売り場を歩きながらふと思ったのは、ハレの日とケの日のことです。