一年のうちに、本当にたまにそういう日があり、それがすむと、またいつものようにケの食卓に戻る日々でした。
ひとり暮らしを始めた学生の頃もそれは変わりませんでした。