街中の食堂に食べにいっても、それは生きていくためのケの食事であって、けっして今日は外食にしようという意味合いのハレの食事ではなかったことを思うのです。