要するに誰が使用しても、独占使用を主張することができないということだった。「田中さんと竹下さん」とて同じこと。