これ以上高くはつけられない値段が、配達料ゼロという値段だということだ。