これが何の話につながるかというと、私がいま手掛けている「やのくにくにづくり」なのです。