私がお話ししたいのは「ハレの日ぐるぐ」のことです。私は「ハレの日ぐるぐ」で「やのくにくにづくり」は完成すると思っているのです。