これは不動産の売値を決める時も同じです。
つまり売り手はこれだけ欲しいんだけどそれでは高すぎて売れないということで、買い手の出せるギリギリの高い値段をつける、そんな値段のつけ方のことです。