すると値段というのはいくらかというと、店で食べる値段と同じ値段をつけなければならない、これがお客さまが出せる最も高い値段です。