お客さまが出せる一番高い値段なんて聞くと、すぐにそれだけ高く吹っかけてやろうという黒い思いで思ってしまうものです。