それは先ほどの公務員の予算の仕組みと一緒で、そういうふうに思い込んでしまうのです。

この考え方を、我々がまず変えなければならないのです。