私が自転車通学していた頃というのは砂利道で、いろんな建設現場があったからトラックが横を通って砂ぼこりがもうもうとするなかを西に向いて走るというのは、本当にかなり気合がいる状態になっていました。