お年寄りはそこを見ているのです。届けてくれるところを見ているみたいだけれど、本当は話し相手が欲しいのです。

自己重要感です。

自己重要感を満たしてくれる人を、求めているということです。