ハレの日というのは、空が晴れなければならない。来てくれたことで、「ああよかった」とならないといけないのです。