「ハレの日ぐるぐ」は、やのくにくにづくりの最終的な章と考えています。

とにかくこちらから出かけていく、そして体温のぬくもりのもてなしをする、対応をする、これでくには出来ていくと思っているのです。