矛盾するけれど、でも第一の基準としてお客さまは自分が思った値段より高くは買えないという価値の値段があるわけです。